オーストラリアのカナーボンでファームジョブGET。初めて働いたときに感じたこと

dsc_4334

 

 

カナーボンで初めて仕事を見つけた日の午後

 
約束の時間の20分前に
ファームに到着した

 

 

家の前で待っていると
家から出てきたのは

 

 

ボスのディーン

 

 

 

半年間一緒に過ごした今では
ディーンの性格を知ってるから全然怖くないけど

 

 

出てきたディーンを見た時は

 

 

ごっつい体で筋肉ムキムキ
Tシャツがピチッ!となってて
サングラスかけて

 

 

それはそれは
ただの怖そうな人 でした

 

 




 

ブログランキングに
参加しております!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

⬆︎
応援のポチッ!
お願いしますm(_ _)m
現在何位!?

 

 

お互いに自己紹介して
ディーンと握手をした

 

 

そのまま給料とかの話をしないまま
仕事が始まったから

 

 

私はまだディーンたちのファームを
疑っていた

 

 

作業はとても簡単なもので

チリとカプシカムの苗を
すべて植える

3時間半ほどで作業は終了した

 

 

dsc_2846一眼レフ)この写真しかなかった( ;  ; )笑 これが植えたカプシンカムの苗。

 

 

私たちは疑いながらも
なんか居心地の良さも感じていた

 

 

この時の苗植えには

ディーン(ボス)
ジョディ(ボスの奥さん)

 

そして2人の子どもたちも

マーク(中学生長男)
トム(中学生次男)
キゥ(3歳児三男)

 

 

子どもたちもみんなお手伝いをしていて

なんだかこの時からこの家族の
あたたかさを感じていた

 

 

作業を終えて

ディーンとジョディが
私たちへの給料の払い方について
話しているのがわかった

 

 

たぶんこの時

 

 

直接お金で支払うか
(1日、2日だけの場合書類手続きが面倒だから手渡しの場合がある)

 

銀行振込にするか

 

 

を話していたと思う。

 

 

私たちは
もう苗植えも終了したから
今日で仕事はおしまいかなぁと思いながら
2人が話し終わるのを待っていた

 

 

ディーンが私たちに近づいてきて
こう言った

 

 

「明日も働きたいか?」

 

 

「Yes!!!」

 

 

私たちは即答した。

 

 

次の日朝8時にまた働きに来る約束をして
その日は帰った

 

 

帰り道
私たちはこんなことを話してた

 

 

「たぶん働けても2、3日やからまた仕事探さなあかんなぁ。 」

 

 

そう言いながら宿に帰った

 

 

dsc_4334一眼レフ)こんなすっぴん写真しかなかった。笑

 

 

 

この日はまだ
これからこの家族のことを大好きになって
半年間も一緒に過ごすことになるなんて思ってもいなかった

 

 

続く

 




ポチッと!
⬇︎にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

⬆︎ こちら押していただくと⬆︎
ランキングに反映されるとともに
HAPPYになります(^o^)/*

 

今日も最後まで読んでくれて
ありがとうございます!(^o^)/*


2 件のコメント

  • こんにちは先日メッセージャーからも問い合わせしたのですが、こちらからも失礼します‼来週末にカナーボンかブルームへ行こうと思っているのですが、つてもなく情報をインターネットから拾う毎日です。もし可能でしたらはたかれいたファームの場所や名前、オーナーさんの連絡先など分かられたら教えていただきたいです‼車がないので限られた情報の限り回ろうと思ってます。よろしくお願いします‼

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。