一眼レフを買っただけでいい写真が撮れる!と勘違いしていた6年前の私に伝えたい5つのこと

camera-2256990_1920

こんにちは!新婚旅行で世界一周中の涼(妻)です!(^o^)/

 

私は約6年前に初めて一眼レフを買いました。

6年前の私は一眼レフの使い方が全く分からず、「オート」で撮っていましたが、

全く自分が思うようないい写真を撮ることができず1年ほど一眼レフを放置していました。

 

だけど今、世界中で旅人さんを撮影させてもらったり、日本ではお金を頂いて写真を撮らせてもらうようになりました。

 

日本で撮影したものです。

次に、海外で撮影している旅人PHOTOです。


「いい写真が撮れない」と一眼レフを放置していた当初を振り返った時に、当初の自分の中に抱いていたカメラに対する思いがいかに間違いだったかを知ることができました。

 

決して、私の写真の技術をどうこう述べたいのではなく、私が抱いていたカメラに対する思いを振り返ってみて当初の自分に伝えたいことをまとめました。


一眼レフを買っただけでしていた。

私が一眼レフを買うきっかけになったのは、カメラを趣味にしている友人の存在でした。

私はその友人が撮る写真が好きで、友人 に「カメラを買いたい」と相談をしました。

 

だけど私はどこかで思っていました。

一眼レフを買ったらいい写真が撮れると。

もちろんそんなことあるわけがなく、すぐに一眼レフを放置することになりました。

 

6年経った今なら一眼レフでいい写真を撮るためには努力が必要だってことがわかります。

当初の私はその友人にとても失礼なことを考えていたなと思います。

友人はすごく努力して素敵な写真を撮影していたのに…。

 

オートで撮っていました。

私はカメラを買った当初、オートでずっと撮っていました。

もちろん、すべて自動なので何も自分の思うような写真は撮れません。

 

一眼レフを買って1年くらい経った時(ほとんど使っていませんでしたが。)、私に一眼レフを買うきっかけをくれた友人に相談しました。

「写真を上手く撮れるようになりたい」と。

 

友人は答えました。

「一番早くカメラが上達したいならすぐにマニュアルで撮影すること!」

 

私は一眼レフのことを何も知らないのに、その日から設定をオートではなくマニュアルに変えました。

 

「何もかもわからない。」私が正直に思った感情でした。

そして1年前に一眼レフを買っているのに、カメラのこと何も知らなかったことがとても恥ずかしくもありました。

それから初めてカメラについて勉強するようになりました。

 

「今日はカメラ持っていくのやめようかな…」とカメラを置き去りにしていた。

私は「重いから」「小さなカバンで出かけたいから」と一眼レフを持っていくのをやめたことが何度もありました。

今、その時の私に伝えたいことは、「重いから」を理由にするなら一眼レフを買うことをやめろ!ということです。

 

重いのが一眼レフです。最初からわかっていたことです。

それなのに「重いから」を理由に持っていくのをやめていたらカメラを練習する時はありません。

一眼レフを買ったお金が無駄なだけです。

 

「重いから」と一眼レフを持っていくのをやめるくらいなら、ミラーレスやコンデジを買い換えるか、メルカリで売ってしまった方がいいです。

 

「良いカメラを持っていないから…」と言い訳していた。

私は素敵な写真を見て「きっとすごく良いカメラを使っているんだろうな」と思ったことが何度もありました。

そう思うことで、写真が上手く撮れるようにならない自分を納得させていたのです。

ですがそれは全く違います。

 

私の友人は言っていました。

「写真が上手な人はどんなカメラを使っても上手く撮る。たとえiphoneだとしても」

この言葉を聞いてハッとしました。

 

どれだけ自分に都合のいいように言い訳していたのかがはっきりとわかって恥ずかしい瞬間でした。

この時から私はカメラの種類には執着しなくなりました。

「素敵な写真を撮っている人はすごく努力している」そう思うようになりました。

 

i phoneの方が楽に撮れる…なんて思っていた。

一眼レフで上手く撮れなくてi phoneで撮ってみた時、i phoneでもキレイに撮れるのでi Phoneでいいや!なんて思ったことはありませんか?

私はそう思っていました。

 

最近の携帯のカメラはすごくいい性能を持っています。

でもi phoneで満足なら、さっきも書いたようにメルカリで売る方が良いです。

 

一眼レフでいい写真を撮れるようになりたいなら、そんなこと言ってないで一眼レフを向き合った方がいいですよね。

 

これは余談になりますが、私の後輩は一眼レフ(入門機)を買い始めてすぐ素敵な写真を撮影していました。

後輩に「どうしてそんなに素敵な写真撮れるの?」と聞いたところ、後輩はカメラを購入してすぐに説明書を端から端まで熟読したと言います。

みんなすごい努力しているんだよ!と甘ったれたことを考えていた6年前の自分に伝えたいです。

 

それでは最後に私が使っているカメラを紹介します。

6年前にはじめて買った一眼レフはこちら。

D3200という一番安い入門機を使っていました。今ではD3400が発売されています。

今では私の兄が使用してくれています。

 

そして旅に出る前にフルサイズ機を購入しました。

 

最後まで読んでくれてありがとうございました!

合わせて読みたい記事

▶️ 写真好きな私が世界一周の旅に持っていってるカメラグッズ全部紹介!

 

こんな記事も読まれています

▶️ 写真を絶対に失いたくない私たちがしている、完全無料で大容量の写真をバックアップする方法

▶️ 【検証!】買って良かった!スマホや一眼レフの写真をその場で印刷「スマホdeチェキ」の使い方とレビュー。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。