カナーボンでファームを営む家族との出会い 〜最後の仕事〜

 

9月30日(金)

 

 

半年間働かせてもらってきた
ディーンたち家族が営むファームでの
ファームジョブ生活が終わった

 

 

この家族は私たちにたくさんの愛をくれました

 

 

本当は6月末でオーストラリアを出る予定だった

 

 

でもこのディーンたち家族との出会いが
私たちの中で大きな何かが変わった気がする

 

 

 

ディーンたち家族は私たちに
たくさんの優しさと愛をくれました

 

 

 

それはコトバではあらわしきれない
胸がきゅーっと詰まるような

 

 

 

すごく幸せなのに
すごく切なくて

 

 

 

こうして思い出しながら書いてるだけで
涙があふれそうになる

 

 

 

なんだかいまはまだ
寂しさの方がだいぶ強いみたい

 

 




 

ブログランキングに
参加しております!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

⬆︎
応援のポチッ!
お願いしますm(_ _)m
現在何位!?

 

 

最後の仕事は
2016年5月5日の私たちの結婚記念日に植えた
2万個のガーリックの収穫でした

 

 

 

私たちがこのファームにやってきた頃は
まだガーリックを植える準備もしていなかった

 

 

 

去年収穫したあとのビニールの撤去作業から

土を耕して肥料をまいて

新しくビニールを張って

植えたガーリック

 

 

 

私たちの思い入れの強いガーリックたち
私たちの最後の仕事に一番ふさわしかったかな

 

 

dsc_7666収穫したガーリックはこうやって天井に吊るして乾燥させないといけない。この作業も大変でした。

 

 

私たちの最後の仕事ってわかってたのか
バディも一緒に畑に来てくれて

バディも一緒に最後の仕事を
終えることができた

 

 

DSC_3769私も大地くんもバディのことが好きすぎて…♡バディと一緒に働けて本当に嬉しかった。

 

 

dsc_5831トラックの荷台に乗るとめっちゃ幸せそうな顔するのよバディ。

 

 

dsc_3742人間みたいなバディはたまに子どもに見えた。笑

 

 

最後の方は
畑を見渡しながら

 

もうこれで最後かぁ…

 

とこの半年間を振り返りながら
感謝の気持ちでいっぱいだった

 

 

この家族が営むファームとの出会い

 

 

このファームとの出会いは
カナーボンにやってきた次の日のことだった

 

 

 

私たちはドニーブルックでの仕事を終えて
ちょうど半年前にカナーボンという田舎町にやってきた

 

 

 

ダメ元で仕事探しにいった

 

 

 

そこで私たちが出会ったのが
ディーンの奥さんのジョディだった

 

 

dsc_5802優しい笑顔のジョディにいつも癒されました。

 

 

私たちは
畑の草抜きをしているジョディに
話しかけにいった

 

 

 

「仕事を探しているのですが、何か私たちにできることはありますか?」

 

 

 

基本すぐに断られるから

 

 

「たぶん無理やろなぁ」

 

 

と思っていたらジョディは

 

 

 

「今日午後から苗植えをするからそれを手伝ってもらえる?
でも仕事は1日、2日くらいしかないと思うけどそれでよかったら。」

 

 

そう言ってくれた。

 

 

 

私たちはオーストラリアで
ファームを廻って仕事を探したことはあったけど

いままですべて断られてきた

 

 

 

だから
ジョディからの返事はすごく嬉しかったのを覚えている

 

 

 

でも同時に

 

 

「こんな簡単に仕事をくれたけど給料もらえるかな?」

 

 

「このファーム大丈夫かな?」

 

 

 

そんな不安もあって

 

 

「とりあえず今日働いてみよう!
そして変なファームやったらやめたらいい!」

 

 

そんなことを大地くんと話してたのを覚えている

 

 

 

つづく。

 




 

ポチッと!
⬇︎にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

⬆︎ こちら押していただくと⬆︎
ランキングに反映されるとともに
HAPPYになります(^o^)/*

 

今日も最後まで読んでくれて
ありがとうございました!(^o^)/*

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。