喧嘩を招く夫婦のお小遣い制度。夫を不満にさせない5つの秘訣。

こんにちは!新婚旅行で世界一周中。タビワライフの涼(妻)です。

 

私たちは世界一周の旅に出るために1年半で500万円の貯金をしました。

 

その額は決して楽なな貯金ではなかったのですが、貯金がすごく楽しかったんです。

夫も特に不満なく月30,000円のお小遣いで過ごしてくれました。

 

お小遣い制度を嫌がる男性は多いです。

ですが、夫は全く嫌がる様子がありませんでした。

 

わたし
お小遣い制度嫌やったー?

 

ううん?全然嫌じゃなかったよ^ ^

 

よっしゃ!作戦成功!w

 

ということで私がおこなったとっておきの秘訣をご紹介します。

 

 

秘訣①  夫婦の目標を決める

同じ目標に向かっているというのはすごく大切です。

 

何もゴールが見えない状況でお金を制限されるというのはただ辛いものです。

働いてくれている旦那さんが苦痛を感じてしまうのも無理ありません。

 

来月の子供の誕生日に◯◯を買ってあげる。

夏の連休でハワイに行く。

 

目標は小さなことでも大きなことでもなんでもいいと思います。

 

「夫婦一緒に頑張っている」とお互いに感じれることがとても大切です

 

私たちは世界一周という大きな夢がありましたが、旅に出た今も目標を立てることを毎月しています。

 

その目標は

 

ブログを毎日書く。

写真展「タビワライフ」に向けて◯◯する。

 

など決して大きな目標ではないですが、具体的に書くようにしています。




秘訣②  お金のことは一緒に考える

夫婦2人で具体的な目標を決めると自然と必要なお金もわかってきます。

 

じゃあ目標を達成するためにどうしよう?

と具体席な計画を考える必要が出てきます。

 

次の夏までに◯万円必要だから、、、

と一緒にノートに書きながら考えていきます。

 

とにかく「一緒に」というのが大切です。

 

私たちは全財産を2人で共有しています。

通帳も分けていません。

 

もともとお金の管理など全くしていなかった夫でしたが、現在はわたしよりも節約家でお金のことを考えてくれています。

 

秘訣③  「お小遣い制度にしよう」と夫から言わせる

来月からお小遣い制度な!なんて決め付けられるように言われたらどんな人でも嫌な気持ちになります。

共働きであっても、旦那さんだけ働いていていても旦那さんの働きは尊重するべきです。

 

ここでとっておきの秘策です。

 

それは旦那さんにお小遣い制度を提案させることです。

 

基本的に男性というのはプライドが高いです。

 

そのプライドをうまく利用するのです!

 

妻に指示されている。うまく使われていると感じるとプライドを傷つけられますが、

逆に、俺が妻を養っている。妻には俺が必要なんだ。という気持ちにさせると男性はものすごく頑張ります。

 

男性にリードさせて、妻である私は後ろからそっとついていく。(という風に見せかけるw)

 

こっちの方がうまくいきます。

 

わたし:世界一周までにこれだけお金が必要みたい。このままやったら行くまでにお金なくなっちゃうよ?どうしよ?

夫:じゃあ逆算して月に使えるお金を考えてみよう!

 

こんな流れで夫の提案でお小遣い制度にしました。作戦大成ko

 

男性はプライドが高いし、一度決めたら曲げない。

だったら夫にお小遣い制度にしよう!と言わせたらいいんです!

 

ちなみに私も月に3万円のお小遣いで一緒に頑張りました。

 

秘訣④  お小遣い制度のルールをあえて甘くする

あと300円で1週間過ごさないといけない。

なんてすごく辛いですよね。

 

だからなくなってしまった時はボーナスでさらに使えるようにしました。

 

節約は度が行き過ぎると苦痛になります。

どちらかにストレスを感じるようでは全く意味がありません。

 

意外と「ボーナスなし!!!」ってするよりも

「仕方ない仕方ない!1万円追加!」って気前良くする方が

次は頑張ろう!って自然に思えるものです。

 

わたし
えーい!ボーナスじゃんじゃん出すよーーー!!!

 

秘訣⑤「ボーナス」を可愛く送る

夫のお小遣いが少なくなりそうだな…と感じた時は封筒にメッセージを添えて送るようにしました。

 

わたし
はい!ボーナスじゃじゃーーーん!!!😆

 

これはすごく効果的でした。

実際にボーナスを受け取ると、もっと節約できたな。と感じるようで来月は頑張ろうと思えたようです。

 

どんなことも楽しくなる要素を少しいれるだけで変わるのかもしれません。

 

夫に実際どうだったかを確認してみた

夫にこのブログを読んでもらって実際お小遣い制度に対してどう感じているのかを聞いてみました。

実際に夫が書いてくれた文章をそのまま添付します。

 

僕が実際に経験したことをいま振り返って考えてみると、やはり「2人で共通の目標を作る!」ということが一番だと思います。

そして、目標を立てたらそれを達成するためにどうするか?も2人で考えます。

 

僕は毎年1月1日に目標を立てても、1月15日には目標がなんだったのか?忘れてしまうくらい目標を立てて満足してしまうことがありました。

でも、夫婦のいいところは1人ではなく、夫婦。そう2人というところです。

 

あと、目標を達成した時や良いことがあったときに2人でやるガッズポーズを決めていました。

これは文字ではお伝えできませんが、2人でやるとテンションも上がるし、また頑張ろうとなります。

目標を考えるときも、頑張るときも、喜ぶときも、反省する時も、息抜きをするときも
「2人で」。

2人で、2人の目標に向かって頑張る。

 

最初はうまくいかないこともあるかもしれません。

私だけが、僕ただけが頑張っているということもあるかもしれません。

でも、1つうまくいくと、次もできます!

 

そうやって2人のやりやすい方法を2人でトライ&エラーしていけばそれ自体が楽しくなってきます。

 

だそうです。

わたしの作戦にまだはまってくれています。

 

まとめ

以上がわたしがおこなった6つの秘訣(作戦)でございます。

 

転がされているように見せて、本当は転がしている。

そんな妻を目指し続けます!w

 

最後まで読んでくれてありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。