ドジな妻の私に怒らないの?夫が優しすぎて逆にものすごく反省しました。

DSC_1316 (1)

こんにちは!新婚旅行で世界一周中の涼(妻)です!

 

私は自分でも認めるくらいドジです。

旅の中で何か忘れ物やミスをするとすれば必ず私。

気をつけていてもなぜかいつもやらかしてしまいます。

 

この前も自分で自分が嫌になるようなことがありました。




私がしてしまったドジな出来事パート①

私は旅にヘアアイロンを持って行っています。

毎日使用しないのですが、気合が入ったときに使ったりします。

 

この前久しぶりにヘアアイロンを使おうとバックパックの中をゴソゴソと探していました。

あれ?ない…

バックパックの中にヘアアイロンがありません。

 

私たちは5月初旬まで日本に一時帰国をしていました。

そのときヘアアイロンを使っていました。

ハッ!!!

 

日本にヘアアイロンを忘れてきたのです。

毎日使用するわけじゃないですが、ヘアアイロンがないというだけで落ち着けなくなります。

化粧道具を日本に忘れてきたくらい結構精神的にツラいです。

 

私はこのツラさを夫に伝えました。

すると夫からは優しい返事が返ってきました。

 

夫:そんなん海外でも買えるやろ^ ^

いつも冷静で落ち着いている夫はそう私に言ってくれました。

 

そう言ってもらえるだけで私の心は落ち着きます。

その後私はイギリスの大きなスーパーで2000円くらいのヘアアイロンを見つけ、無事購入できたのです。

DSC_1212 (1)

 

私がしてしまったドジな出来事パート②

そんなある日。

新しく買ったヘアアイロンを使っていました。

 

ふと思いました。

この新しく買ったヘアアイロンのコンセントって違う国で使えるの?

DSC_1209 (1)

そう。私たちは日本のコンセントの変換プラグは持ってきているけど、このイギリスのコンセントの形を違う国の形に変える変換プラグは持っていないのです。

つまり、このヘアアイロンのためだけにイギリス→すべての国で使える変換プラグを購入しないことにはイギリス以外ではこのヘアアイロンは使えないというわけです。

 

私がしてしまったドジな出来事パート③

私はバックパックの掃除をしていました。

たまにバックパックの中身を全部出して整理整頓をします。

 

すると、なんだか見覚えのある物が出てきました。

DSC_1224 (1)

だしの素じゃないですよ。

その隣の黒いの。

DSC_1224 (1)

ヘアアイロンが帰ってきた…

なんて夢のような話ではなく、日本に忘れてきてしまったと思っていたヘアアイロンがバックパックの底にあったのです。

ただきちんと探せていなかっただけなのです。

 

ヘアアイロンを見つけた時の私の心は正直、嬉しさよりも夫の反応の怖さの方が大きかったです。

怒られるというかまた私の確認不足だったことに呆れられるんじゃないかと思い、言おうか内緒にしておこうか悩みました。

でも、私は隠しておくことができないのですぐに行動にでます。

 

私:大地くん…ごめん、言わないといけないことがある…

夫:何?どうした???

 

驚きの返事が返ってきました。

私:…。(何て言ったら呆れられにくいかを考える。)

 

夫:どうした?言ってみ?

 

私:これ見て…。(結局何も言わずにバックパックの中のヘアアイロンを指差した)

 

ヘアアイロンを見た夫の反応が怖くてドキドキしています。

 

ヘアアイロンを目にした夫は驚きの発言をします。

 

夫:あっあったん?よかったやん!話したいことってこれ ?

 

私のドジさに怒りもせず呆れもせず(呆れているのかもしれないけど)、よかったねと言ってくれた夫に、

私はただただ申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。

DSC_1316 (1)

 

人間怒られるより優しくされる方が反省する

もし立場が逆だった時に私は夫のようなことを言えていたのかなと思うと自信がない。

ヘアアイロンを日本に忘れた!と騒いで新しいの買ったと思ったら忘れたはずのヘアアイロンが出てきた。

ドジにもほどがあります。

 

もし夫がドジな私に怒ったらこんなに反省しなかったと思う。

「仕方ないやんか!」と言い返していたかもしれない。

 

でも、やってしまった、、、と思っていたことに対して優しい返事が返ってきたら素直に「ごめんね」「ありがとう」という気持ちになる。

 

私もガミガミ怒るのはやめようと誓いました。

 

夫にその時の気持ちが実際にどうだったかを聞いてみた。

ヘアアイロンが2つになってしまいました。

DSC_1514 (1)

捨てるのももったいないので使わないのに2つ持っています。

 

後になって、なぜあの時怒らなかったのかを夫に聞いてみました。

すると、、、

 

「あれ?怒らなかったっけ?そうやっけ?忘れた!」

 

以上。

あまり私に興味を持ってくれていないのかもしれません。笑

 

今日も読んでくれてありがとうございました!





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。