オーストラリアの広い海で死ぬかと思った遭難体験〜出発編〜

 

このブログを書いている
ってことは生きて帰ってこれた

ってこと

 

 

今回の出来事は
決してネタにはできないくらい

命の危険を感じた

 

 

死を感じて青ざめた時
こんな感情が出るんやぁと
今なら冷静に思えるけど

その時は
自分にはどうすることもできなくて
ただただじっと何かに祈ることしかできなかった

 

 

もうあんな経験は
二度としたくない

 

海外で初めての釣りへ

 

私たちが働いているファームのボスのディーンは
釣りが好きでよく釣りに行っている

 

 

DSC_3887一眼レフ)釣った魚をさばくディーンと仲間達。

 

 

私たちは
ディーンのファームで
働くようになってもう4ヶ月

 

 

ディーンとの
信頼関係もちょっとずつ築けてきて

ディーンが
私たちを釣りに誘ってくれた

 

 

釣りはあんまりやったことないけど
やりたい分野ではあったから
行きたい!とすぐに思った

 

 

何より
ディーンが私たちを誘ってくれたことが
嬉しかったしすごくワクワクした

 

 

 

ディーンには
いつもよくしてもらってるから
何かしたいなと思い

釣り当日のお弁当に
手巻き寿司を作り

ビール好きのディーンに
日本産サッポロビールを買って行った

 

 

酔いやすい私たちは
酔わないように酔い止めの薬を飲み

準備万端の状態でいった

 

 

なんだか悪い流れを感じる

 

当日
前日の楽しみとは裏腹に

 

 

始まりから
悪い流れを感じた

 

 

船は
車で牽引して海まで持っていったが

船と車を離すための
用具を忘れてしまったディーン

 

 

いろんな代用品で試すものの
どう頑張っても無理

 

DSC_4015一眼レフ)こんな感じでボートを海へ下ろす。

 

結局
用具は近くの釣り屋さんで
新しく購入し

船と車を無事離すことができた




さぁ海へ!しかし…あれ、水?

 

いざ
海へ!って時に

一番に船に飛び乗った私

 

 

あれ?
と目を疑うような光景が…

 

 

船の中に水が…

 

 

 

それを見て
急いで車を取りに行ったディーン

 

 

そして急いで
牽引させ船を海から引きづり出す

 

 

何が起こったのか
全然わからない私たち

ただ
ディーンの焦りをみて
危ないところだったことはわかった

 

 

ディーンは
船の底につけなければいけないキャップをし忘れてて
海の水が侵入していたのだった

 

 

陸にあげた船からは
勢いよく出てくるわ出てくるわ

 

 

何十リットルってくらいの水が
出てきた

 

 

DSC_4023一眼レフ)こんな勢いで10分くらいで続けた。

 

 

 

「ラッキー!もうちょっとで沈むところだった」

と笑うディーンに

 

 

この時は
私たちもディーンらしいなと笑っていた

 

 

DSC_4025一眼レフ)能天気なディーン。私たちは正直ビビっている。

 

 

準備は完璧?な状態で
私たちは海に繰り出した

 

 

海の上で船に乗りながら
ゆっくりと釣りをするのを
想像していた私たち

 

 

海に繰り出した瞬間

想像を全く覆すような現実が私たちを待っていた

 

 

続きはこちらから

➡︎➡︎➡︎世界一周始まって以来の恐怖体験 〜冒険編〜

 

タビワライフのスポンサー様

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。