おすすめ旅グッズ

海外旅行に圧縮袋は不要!1000日以上旅した私が本気でおすすめするパッキンググッズ「パックイット」

旅行で一番荷物になる衣類ってどうやって持っていきますか?

圧縮袋に入れて持って行くという方多いんじゃないでしょうか?

 

わたしも世界一周の旅に出る前、圧縮袋を購入しました。

が、圧縮袋は旅行には全く向かないということがはっきりとわかりました。

 

今は圧縮袋は一切使わず、新しく見つけた魔法のように優れているパッキンググッズ「パックイット」を使用しています。

 

今日は、

  • 圧縮袋が旅行には向かない理由
  • 魔法のように優れているパッキンググッズの紹介
    をしていきたいと思います。




おすすめパッキンググッズ「パックイット」

先にわたしが絶賛しているパッキンググッズを紹介します。

海外旅行の圧縮袋でお悩みのあなたにおすすめしたいのはEagle cleekの「パックイット」です。

 

パックイット(Pack it)を使うと、圧縮袋を使うときに感じるイライラをすべて解消してくれるのです。

パックイット(Pack it)をおすすめする理由

  • 圧縮袋のように破れない
  • コンパクトで超軽量
  • 圧縮効果もある
  • ただ衣類をいれてチャックを閉めるだけでいい

パックイット(Pack it)の使い方ついては「【パックイットの使い方】旅行のパッキングが楽しくなるPACK-ITをご紹介」で詳しく説明しています。

圧縮袋は簡単そうに見えて意外に難しい

圧縮袋を使ったことがある方は多いと思いますが、このような経験はないですか?

 

あ〜〜!空気入った〜〜〜!!

あれ!膨らんできてる!!

 

そう。圧縮袋って意外と空気入ってきませんか?

 

ジップロックを閉める専用の道具を使用しても、数時間後にはなんだか気持ち膨らんでいる、、、。

全体重をのせて空気を抜いて、空気が入ってこないように両手を使ってサササッと閉める。

意外と空気が入ってしまってやり直し。2度、3度はやり直します。

 

手軽に見えて、ものすごい難しいとわたしは感じました。

 

こちらボロボロになった圧縮袋です。

旅に出て1ヶ月未満で圧縮機能のないただの分厚い袋と化しました。

圧縮袋はすぐに機能しなくなる

ずっと同じ圧縮袋を使い続けている方にはわかると思うのですが、何回も繰り返し使っていくうちに圧縮効果が落ちていきます。

 

それが旅行の途中で起こると悲しい!

家を出る時入った荷物が、帰り入らない!なんてことになったら面倒臭いです、、、。

 

私の使用していた圧縮袋はすぐに機能しなくなりました。

ちーん。ボロボロのカスカスです。

圧縮袋を使ってもそんなに圧縮されない

衣類は旅行のすべての荷物の中では大きな範囲を占めます。

しかし、衣類を全て圧縮したところでそんなに驚くほど小さくなりません。

 

圧縮できたつもりになって満足しているだけで、意外と体積は変わらなかったりします。

圧縮袋は意外と旅行で使いにくい

大きなお布団など、ほとんど触らずに保管目的で圧縮袋を使う場合は良いかもしれませんが、

旅行中の衣類など頻回に開け閉めするものに対しては圧縮袋は不向きです。

 

何度も開け閉めを繰り返すうちに必ず機能は落ちていくし、何より面倒くさい!

せっかく圧縮させてもの袋を開けるとボワッと空気が入り、また圧縮するのって結構面倒ですよね。

圧縮袋は不要!魔法のパッキンググッズ「パックイット」(Pack it)

旅を始めた頃は圧縮袋を使っていて、どんどんボロボロになって圧縮効果はゼロ。

むしろ圧縮袋なしでそのまま入れる方が良いと感じました。

 

そんな時に最強のパッキンググッズ「パックイット」(Pack it)に出会ってしまいました。

今はこの収納袋なしに旅行には行けません。

「パックイット」(Pack it)をおすすめする理由

  • 全体重を使って圧縮しなくてもコンパクトにまとめることができる。
  • 圧縮袋のように破れる心配がない。
  • 開け閉めが超簡単。
  • めちゃくちゃ軽い。

この4つの条件を満たした収納袋は「パックイット」(Pack it)しかないと私は思っています。

 

 

わたしが使っているのものは、パックイット(Pack it)の3点セットです。

大きさの違う3枚のパックイット(Pack it)が入って、価格3,564円です。

 

 

パックイット(Pack it)3点セットのそれぞれの大きさは以下の通り

 

パックイット(Pack it)3点セットの内容

  • キューブ(大) 36×25.5×8cm 容量10.5L
  • ハーフキューブ(中)  25.5×18×8cm 容量5L
  • クオーターキューブ(小)19×11×6cm 容量1.2L

 

パックイット(Pack it)に出会ってから、圧縮袋を使うのを一切やめました。

そして、1泊の小旅行でもパックイット(Pack it)を使うようになりました。

便利すぎて旅に出る友達にも必ずパックイット(Pack it)をプレゼントするようにしています。

 

ちなみに、ツイッターでパックイットのことをツイートしたところ、愛用している方やすぐに購入される方が続出しました。

みんな圧縮袋に悩んでいたんですね。

 

では、わたしがパックイット(Pack it)を絶賛する理由を3つお伝えしたいと思います。

①圧縮効果抜群!

衣類や下着をパックイット(Pack it)に入れてチャックをします。

 

 

え?これで圧縮効果ある?と感じるかもしれませんが安心してください。

このままバックやスーツケースに押し込むだけで、中の空気が抜けてくれるんです。

 

ちょっと手で押さえてみますね。

こんな感じでチャックをした後にぎゅっと押さえます。

 

すると!

 

わかりますか?中の空気がスッと抜けて圧縮された状態になるんです。

 

もうバッグに入る隙間がないよ〜。って時も無理やり押し込んでも自然に空気が抜けてくれるという万能ケースなのです!

②たくさん収納できて丈夫!

1年以上使っていますが、すごく丈夫です!

パンパンに入れすぎたら破れるとは思いますが、普通にチャックが閉まる量の服を入れていたら破れる心配はないです。

 

例えば、こちらのパックイット(Pack it)は容量10.5L。(3枚セットの一番大きいサイズ)

大きさは36×25.5×8cmのものですが、どのくらい入るのか実験してみました。

 

ますはパンパンに詰めてみます。

 

中にどれだけの服が入っているのでしょうか。

パックイットに入れた衣類
  • ワンピース2着
  • Tシャツ1枚
  • ロンT1枚
  • ショートパンツ1着
  • スウェットのズボン1着
  • ガウチョパンツ1着

 

これだけ入ります。

 

わたしはパックイット(Pack it)が好きすぎて、メインバッグの中はパックイット(Pack it)で溢れています。

 

パックイット(Pack it)を使うことでめちゃくちゃ整理整頓されるんですよね。

※実際はもっとぎゅうぎゅうに詰まっています。

③めちゃくちゃ軽い。

空のパックイット(Pack it)はビニール袋くらい軽いです。

ペラペラの袋のようです。

 

わかるように写真に撮ってみました。

 

これが広げた時の大きさ

 

ぐちゃっと潰してみます。

 

本当にペラッペラなのでこんなに小さくなるんです。

 

ペラペラなのにすごく丈夫。

わたしたちは使い始めて2年くらい経過していますが、今だに使い続けています。

パックイット(Pack it)はめちゃくちゃおすすめ

パックイット(Pack it)は使ったら手放せない優れものです。

こういう物ってなかなか優先度が低くて、自分では買わなかったりしますよね。

 

でも一度買ってしまえば繰り返しずっと使えますし、パッキングがすごく楽になります。

パックイット(Pack it)を使っている人は、手放せなくなっているので間違いないと思います。

 

わたしは1泊2日の小旅行の時なんかも、パックイット(Pack it)を使っています。

もうめちゃくちゃ便利なんですよね。もう手放せません。

 

圧縮袋で消耗しているあなた。

是非次の旅行を機にパックイット(Pack it)デビューしてみてください。

旅行の準備時間を短縮でき、パッキングが楽しくなること間違いなしです^ ^

パックイットを見てみる

海外旅行に行かれる予定のあなたにおすすめの記事

最後に、海外旅行の前に読んでおきたい記事を紹介します✨

 

【即日発行可】海外旅行保険が無料になるクレジットカードはこちら!

【知らないと損!】エポスカードは海外旅行に行くなら絶対に持って行くべき超おすすめクレジットカードだ!

 

長海外旅行に向けてカメラの購入をしたい

【10万円以下】海外旅行に持っていくべきミラーレス一眼ベスト3

 

海外旅行に持って行くべきカメラのレンズを撮りたい写真別に紹介!

【撮影シーン別にご紹介】旅や旅行に絶対に持っていくべき最適レンズは?